やさしい株の始め方

株の取引種類【現物取引・信用取引】の概要をわかりやすく解説

スポンサーリンク

取引種類が分からない

株の取引種類は二種類あります。「現物取引」と「信用取引」です。

よくネットで「信用取引はリスクが高いので初心者はやらないほうがいい」と言われていますが果たしてそうでしょうか?

因みに私は毎日信用取引をしています。

 

ヨシノ
私も最初は二つの取引の違いを理解せずに思い込みだけで現物取引していました
初心者の私も株を始めようとしているけど、二つの違いを全然理解していないよ
メイ
ヨシノ
取引種類を学ぶことはとても大切なことなのでここでしっかり疑問をクリアにしていきましょう

 

まずは「現物取引」と「信用取引」についてどのような取引なのかを説明していきます。

現物取引と信用取引の仕組み

信用取引現物取引違い

株の取り引きをするときに取引種類を選択しなければいけません。

大きく分けると「現物取引」or「信用取引」です。ではまず現物取引から説明していきます。

現物取引って何?

現物取引とは自分の持っているだけの資金(現物)で、その時々の時価で計算された売買代金を受け渡すことで株を買い付ける取引です。

現物取引説明

上記の例でいくと投資家のメイは現金50万円を持っていて、ヨシノ商店の株を今の時価で欲しいと思っています。

ヨシノ商店の株価:5000円

購入可能株数:50万÷5000円=100株

現物取引だとヨシノ商店の株を100株購入することが出来ます。(別途手数料が必要)

これが現物取引です。ヨシノ商店の株価が上昇すれば売却したときに売却益が得られます。逆に株価が下落すれば売却したときに売却損になります。

信用取引って何?【制度信用と一般信用】

信用取引とは証券会社からお金、または株を借りて株式を売買する取引です。

信用取引説明

上記の例でいくと投資家のメイは50万持っていて、信用取引を利用してヨシノ商店の株を買いたいと思っています。

信用取引は自分のお金を担保にして証券会社からお金を借りることが出来る取引なので、自分のお金の約3倍の取引が可能になります。

ヨシノ商店の株価:5000円

購入可能株数:(50万×3倍)÷5000円=300株

信用取引だと、現物取引の3倍の300株購入することが出来ます。(別途手数料が必要)

これが信用取引です。現物取引と同様株価が上がれば売却益が得られ、株価が下がれば売却損が発生します。

しかし現物取引と違うのは同じ資金で3倍の株数を買っているので、利益も損失も現物取引の3倍発生します。

仮にヨシノ商店が6000円に値上がりした場合と、4000円に値下がりした場合の比較をしてみましょう。

6000円に値上がりした場合 4000円に値下がりした場合
現物取引 100株×(6000円-5000円)=+100,000 100株×(4000円-5000円)=-100,000
信用取引 300株×(6000円-5000円)=+300,000 300株×(4000円-5000円)=-300,000

現物取引と比較するとプラスもマイナスも信用取引が3倍になっています。

 

ヨシノ
信用取引を初心者が何も知らないで利用するとただギャンブル性だけが高くなってしまうんだ
確かにお金を借りてまで投資するってとても怖いよね
メイ
ヨシノ
信用取引が怖いと言われる理由の殆どがこれだと私は思うよ

 

因みに信用取引は細かく分けると「制度信用取引と一般信用取引」の二つに分けられます。

制度・一般信用取引とは?

制度信用取引:取引できる銘柄、売買期限などの規則を取引所が決めている信用取引

一般信用取引:銘柄、返済期限などを証券会社が自由に設定できる信用取引

簡単に言ってしまうと、制度信用は取引所が決めたルールで取引しないといけない、一般信用は証券会社が自由に決めたルールで取引するということです。

大まかな違いをわかりやすくまとめてみましたので参考にしてみてください。

制度信用取引 一般信用取引
対象銘柄 取引所が選定 原則全上場銘柄
返済期限(取引できる期限) 最長6か月 1日~最長無制限

 

そして信用取引にはもう一つ現物取引との大きな違いがあります。それが「空売り」です。

株価が下がると儲かる空売り

現物取引の場合は、株価が低いときに買って、値上がりしたときに売ることで利益を出していくと思います。

しかし信用取引では、空売りという取引を行うことで株価が下がると利益が出る取引を行うことが出来ます。

空売り解説

まず上記のように自分で株を買うのではなく、証券会社からお金を担保にして株を借ります。

今回の例だと50万を担保にして証券会社からヨシノ商店の株を100株5000の円の株価で借りました。

それを直ぐ現物取引と同じように売却します。(ここまでは空売りの注文をすれば証券会社が自動的にやってくれます)

空売り説明

5000円で証券会社から借りた株を5000円で100株売却し、証券会社に100株返却するために値段が下がった4000円で100株買い戻しました。

空売り説明

まず最初にヨシノ商店の株を100株借りるときに担保にしていた50万を返却してもらいます。

そして更に貸株の差額が清算されます。今回の例で行くと…

借りた株の価格:5000円

返却した株の価格:4000円

貸株の差額:5000円-4000円=1000円

清算金:1000円×100株=100,000円

証券会社は借りた株を返す時に借りた当時の値段で回収してくれます。なので借りた株を安く買い戻せば買い戻すほどその差額を証券会社から利益として貰うことができます。

これが「空売り」です。実際に自分で買ったものを売るのではなく、証券会社から借りた株を売って安く買い戻すことで利益を出す。

ここでわかりやすくブランドバックを例に例えてみましょう。

「レンタルショップ=証券会社、消費者=投資家、客=他の投資家」と置き換えてください。

空売り例え

※あくまでイメージです

消費者はレンタルショップからブランドバックを担保に5万円出してレンタルします。そのバックをどうしても欲しい顧客に5万売却しますが、レンタル品なので返却が必要です。

なので別の顧客から価格が下がった時に4万で買戻しブランドバックをレンタルショップに返却し、担保の5万円を返却してもらいます。

これによって担保の5万+1万の利益を得ることが出来ました。まさにこれが「空売り」です。

 

この空売りを使えば普通の現物取引では下がるのをただ見ているしかない局面で、利益を生み出すことが可能になります。

ただしこの空売りも注意が必要です。先程は株価が下がり利益が出た話をしました。しかし当然逆に株価が下がらず、上昇してしまった場合は高い値段で買い戻すことになるので損失が発生します。

例えば先ほどのヨシノ商店の株価が6000円に値上がりしたとしましょう。

借りた株の価格:5000円

返却した株の価格:6000円

貸株の差額:5000円-6000円=-1000円

清算金:-1000円×100株=-100,000円

証券会社は借りた株を返す時に借りた当時の値段で回収します。なのでいくら6000円で買い戻しても5000円でしか回収してくれません。なので差額の金額は担保金から支払うことになり損失が発生します。

相場の格言で「買いは家まで、売りは墓場まで」という言葉があります。

売りは墓場まで説明

これは上がると思って買ったときは、下がっても0以下にはならない。でも下がると思って空売りしたときは、上がるときはどこまでも上がってしまうので損失は無限大という意味を込めています。

なので空売りをする際は、自分の中でここまで行ったら手仕舞いすると決めてからエントリーしないといけません。

仕組みを説明すると難しく聞こえますが、自分が売った値段より下がれば儲かる、上がれば損をするという取引で、普通の現物取引の逆だと覚えてください。

 

ヨシノ
上がる時だけでなく、下がる時も利益に出来るからチャンスが2倍になるね
株価が下がって儲かる方法があるなんて知らなかった
メイ
ヨシノ
株価は必ず上下に振れながら動くから、うまく利用できれば運用効率も上がるね

 

信用取引は取引の倍率をあげることでリスクとリターンが上昇するため、しっかり資金管理をしないとギャンブル性が高くなるという側面がある一方、現物取引ではただ傍観するしかない下落の局面で利益を出せるという大きなメリットがあります。

 

ヨシノ
信用取引は現物取引に比べると仕組みが複雑なので次の講義で詳細をお伝えします

まとめ

メリット デメリット
現物取引 仕組みが簡単で初心者でもわかりやすい 下落の局面で利益を出すことはできない
信用取引 現物取引の約3倍まで取引が可能になる 資金管理を怠ると大きなマイナスが発生する
下落の局面でも空売りで利益が狙える

この講義のポイント

☑株取引の種類には現物取引と信用取引の2種類ある

☑信用取引は現物取引の約3倍まで取引ができる

☑信用取引は空売りで下落の局面でも利益が狙える

☑信用取引は資金管理をしっかり行わないとギャンブル性が高くなる

ヨシノ
初心者の方は最初現物取引で株取引に慣れた後、信用取引を視野に入れていきましょう♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-やさしい株の始め方

Copyright© ヨシノ投資塾 , 2020 All Rights Reserved.