株式投資の基礎知識

株初心者要注意!決算に潜むハイリスクな魔物

スポンサーリンク

悪魔

みなさんは決算をまたいで取引して痛い目を見たことがありませんか?

決算にはハイリスクという魔物が潜んでいます。

ここでは、魔物への対処の仕方を一緒に学んでいきましょう。

 

株式会社には四半期ごとの決算があります。

業績の良い決算を出す会社。業績の下方修正を出す会社など様々です。

投資家たちはこの決算を予想し、投資することで一喜一憂しています。

なぜ投資家たちは決算を好んで投資するのでしょうか?

答えは普段より多くの人が注目し、沢山の取引が行われるからです。

そうチャンスがいつもより大きいからです。

 

ヨシノ
株式投資をする投資家たちにとって決算は一大イベントです
普段より取引が盛んなら、確かにチャンスも多そうだね
メイ
ヨシノ
確かに普段より株の値段も動くし、取引も活発になるから利益をあげれる可能性も上がるね

 

決算チャート

この画像はある会社の日々の値段の動きを表したチャートと呼ばれるものです。

画像の沢山あるコマのようなもの一つ一つが一日の株価の動きを示しているローソク足といいます。

※チャートとロウソク足については別の記事で紹介します

この会社は決算を発表し、当初の予定より良い業績を発表しました。

すると次の日に株価は決算発表前の3.4倍も一日に動きました。

画像下のグラフのようなものが一日にどれだけの取引量があったのかを示す出来高グラフです。

こちらも出来高が決算発表前の2.6倍も増加しています。

 

上記の説明を分かり易く説明すると

あるパン屋さんの特番がテレビで放送され、とてもおいしい(好業績)とコメンテーターが言っていました。

すると次の日にパンの値段3.4倍の値段をつけても売れました。

お客さんもテレビ放送前の2.6倍も増加しました。

好業績を発表(テレビでおいしいと放送)したことで普段では考えられない株価(パンの値段)で沢山の出来高(お客さん)が買ったということです。

 

ヨシノ
決算発表の翌日はこんな感じに株価は乱高下するんだ
じゃあ決算前に株を買って、次の日みんなが欲しいときに売れば大儲けだね♪
メイ
ヨシノ
残念ながら私はそのやり方は絶対しないよ。ルールで決算は絶対またがないと決めているんだ

 

決算に潜む魔物

天使と悪魔

決算には先ほどのような好業績で株価が上昇するという天使が舞い降りてくることがあります。

しかし株式投資で覚えておいてほしいのはハイリターンには必ずハイリスクが等しく伴うということです。

 

ヨシノ
実は決算はいいことばかりではないんだ、私もこのハイリスクにやられたことがあるよ
ハイリスクってとっても危険ってこと…?
メイ
ヨシノ
うん、私はその決算のハイリスクを魔物と呼んでいるよ

 

チャート

これは私が実際に平成30年4月13日にある銘柄で、決算に潜む魔物にやられたチャートです。

決算が良さそうだということで株価は一気に急上昇しています。投資家がこぞってこの株を買っていました。

私も決算という魔物の誘惑に負けて、魔物と一緒に決算の夜を過ごしてしまいました。

しかし決算が発表され、まさかの赤字決算だったのです。

もちろん決算翌日は投資家たちの失望売りが相次ぎ株価は急降下していきました。

そしてこの魔物の恐ろしいところは画像のグラフがないところです。

グラフは出来高、つまりパン屋でいうとお客さんの数を示していました。

それがないということは…

そう、お客さんがいなくて売れなかったということです。

決算に期待して多くの投資家がこの株を買い、まさかの決算が悪かったので大量に売ろうとしますが、誰も買ってくれないので売れないのです。

私はこの株で100万ほど損をしました。

 

ヨシノ
この時は一日買い手が現れず、次の日にさらに株価が下がって買い手が出てきたんだ
決算に期待して買ったのに、100万損するって…
メイ
ヨシノ
決算はいいことばかりではなく、悪魔が住んでいることがあるから注意が必要なんだ

 

投資をギャンブルにしてはいけない

悪魔のささやき

よく投資はギャンブルだという人がいます。

しかし私は投資をギャンブルだとは思いません。

投資をギャンブルだという人は次のどちらかの人だと思います。

投資のことを全く知らずイメージだけで決めつけている人

投資をしっかり学ばず、ギャンブル性の高い投資をして損をした人

決算をまたいで大きい利益を狙う人はまさにギャンブル性の高い投資をする人です。

 

ヨシノ
決算をまたいでハイリターンを狙うのは完全なギャンブルです
でもいい決算が出れば儲かることもあるよね…?
メイ
ヨシノ
そこが決算の魔物の怖いところなんです。実はいい決算が出ても株価が急落することはあるんです

 

初心者の方は、決算がいいのになんで?と思いますよね。私も最初はそう思いました。

しかし悪魔の魔法で、いい決算も台無しにしてしまうことができるんです。

これが悪魔の魔法です。ここでみなさんに悪魔の魔法の呪文を教えましょう。

悪魔はこう唱えます

「確かに決算は良かったが、もともとこの会社が決算がいいことは分かっていたじゃないか」

「この位の決算内容はすでに織り込み済みだよ」

 

これもパン屋を例にして説明してみましょう。

「確かにパンは美味しかったが、もともとこの店のパンが美味しいことは分かっていたじゃないか」

「この位の美味しさはすでにみんなが知っているじゃないか

 

悪魔に魔法をかけられた投資家たちは

「確かにそうかもしれない…これぐらいの決算(美味しさ)なら最初から知ってるじゃないか、もっといいと思ったのに」

 

失望した

 

となるわけです。決算(美味しさ)は決して悪くないのに、悪魔の魔法によって決算が悪材料と化してしまったのです。

 

ヨシノ
決算は悪い決算が出れば下げる要因となるし、仮にいい決算が出てもこれぐらいはもう織り込み済み、となることがあるんです
決算が悪くてダメ、良くてもダメなことがあるなんて…いくらハイリターンでも怖くて投資できないよ
メイ
ヨシノ
決算はいい決算でも捉え方ひとつで悪い決算に変わってしまうんだ

 

決算は業績が良くても株価が下がる可能性があり、先が全く読めません。

まさにギャンブルです。

そんなところにいくらハイリターンが待っていたとしても、お金を失う可能性が高すぎるので絶対におすすめできません

悪魔の魔法にかけられないでください。投資をギャンブルにするかどうかはあなた次第です。

まとめ

この講義のポイント

決算はいい決算でも捉え方によっては悪い決算になり株価が下がる

決算をまたぐのはリスクが高すぎるのでおすすめできない

悪魔のささやきで欲望に負けて投資をギャンブルに変えてはいけない

 

ヨシノ
投資方法は個人の自由ですが、くれぐれも決算の魔物にはご注意ください!投資をしっかり学べばもっとリスクを抑え、リターンを望めるリスクリワード比(リスクとリターンの比率)の良い場所はあります。それを私と一緒に学んでいきましょう!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-株式投資の基礎知識

Copyright© ヨシノ投資塾 , 2020 All Rights Reserved.