株式投資の基礎知識

株で儲かる人と儲からない人の違いを徹底比較

スポンサーリンク

考える女性

ネット上では投資家の一割しか儲かっていないと言われています。

真相は別として私は毎月40万程の利益を株で儲けているのでその一割に入っていることになります。

では何か特別なことをしているのでしょうか?決してそんなことはありません。

この講義では私が一割の儲かっている投資家として儲かっていない投資家と何が違うかを具体的に説明していきます。

 

ヨシノ
私はもちろん昔に儲かっていない投資家を経験しています
メイはできれば経験したくないなぁ・・・
メイ
ヨシノ
投資の世界に絶対はないので必ずとは言えませんが、そうなる為に必要なことを説明しますね

 

感情で売買すると儲からない

狼狽

投資経験者の方は身に覚えがありませんか?

自分が買った途端株価が急落し狼狽して底値で売却、その後株価はV字回復イライラしながら慌てて買ったらまた下がる。

そうですあなたの弱い感情は市場のプロの投資家と言う悪魔に全て見破られているんです。

こちら必見!
挫折
株初心者必見!板情報って何?プロの投資家劇場に騙されるな

投資家のみなさんは株を購入する前にほとんどの場合板情報を見てから取引すると思います。 板情報とは? 板情報とは銘柄ごとに買いたい人と売りたい人の注文数を一つに分かり易くまとめた表のことです ※下記の表 ...

続きを見る

こちら必見!
悪魔
株初心者要注意!決算に潜むハイリスクな魔物

みなさんは決算をまたいで取引して痛い目を見たことがありませんか? 決算にはハイリスクという魔物が潜んでいます。 ここでは、魔物への対処の仕方を一緒に学んでいきましょう。   株式会社には四半 ...

続きを見る

プロの投資家たちは投資の初心者たちがどうしたら買ってどうしたら狼狽して売るかを熟知しています。

ではなぜ彼らはそんなことができるのか。みんな心理学者なのでしょうか?

答えはNOです。

正解はプロの投資家たちも自分たちが初心者の時に同じような洗礼を受けてきたからです。

そして彼らは洗礼を受けたことを忘れずトレード日誌にまとめ、それを教訓にしてきたからこそ今はプロの投資家になれているんです。

ここでチェック!
ダイアリー
投資家はトレード日記が必須

みなさんは日記をつける習慣がありますか? 因みに私は本来O型で、とってもズボラな人間なので日記をつけたことはありません。 しかし投資を始めてからは投資のトレード日記を毎日つけています。   ...

続きを見る

チャート解説

この図はある銘柄の一日ごとの動きを表したものです。

株価は一気に上昇し、ネットでもイケイケの状態だったのでで購入しました。

するとそこから一気に株価は急落し元の値段まで戻っていきました。しかしそこからまた急反発し購入した付近のまで株価は戻ってきています。

今度こそ上がる!と思いたいですが、ここは上がるのにかなり大きな力が必要になるポイントです。なぜだと思いますか?

それは先ほどで買っていた人が

「やれやれやっと戻ってきてくれた。今なら±0だから売ってしまおう」

というやれやれ売りが入るからです。なのでこのポイントを突破しようと思うとやれやれ売りと他2つの下げ要素を突破しないと上に行けないのです。

空売り(下がると利益が出る取引)している人+のやれやれ売り+反発からの上昇分を利益確定する人の売り

この図のの部分をみると勢いよく上がってきた株価がそこを抜けられずまた急落していっています。まさに3つの下げ要素によって突破を拒まれてしまったのです。

で買って底で売って、でむきになって買ってまた下がったら多分平常心ではいられないと思います。

この感情的になるポイントこそがプロの投資家が狙っている部分なんです。

これはあくまで一例ですが、プロの投資家は様々な罠を仕掛けてきます。罠は巧妙なので避けられないときはあります。

ここで大事なのは、もし引っかかった時に冷静に対処をすることです。決して感情的になってはいけません

儲からない投資家は「感情で買って感情で売る」を繰り返す

儲かる投資家は「事実で買って事実で売る」に変わっていく

私は今でも感情的になってしまう時があります。その時は必ず自分の気持ちにに問いかけるようにしています。

「君の気持はわかったよ。でも落ち着いて考えよう本当にその決断で後悔しない?絶対に感情で取引したらダメだよ」

みなさんも感情的になった時一度やってみてください。今までと違った行動がとれると思いますよ。

ヨシノ
投資は感情的になったら負けです。いつも感情に問いかけるように意識し冷静に取引をしましょう

利益3:損失1の法則

頑張る男

利益3:損失1の法則とは利益と損失の比率を3:1で保ちましょうということである。難しい言葉でいうとリスクリワード比と言います。

私は検証するときも、実際にトレードするときも必ずこの比率を確認するようにしています。

 

ヨシノ
この比率をしっかり考えることでトレード成果が劇的に変わるんだ
具体的にどうすればいいの?
メイ
ヨシノ
どんな取引でも必ずこの比率を守って取引するんだ。詳しく説明していくね

 

リスクリワード比

例えばこんな下がりすぎた銘柄があるとします。

あなたは今までの検証と経験から、この銘柄はここから反発して上昇していくと思っています。

もちろんこれは株がこれからどちらに動くかを考える問題ではありません。

大切なのは仮にここでこの銘柄を買うとして、その取引がしっかり3:1の比率が確認できているかが重要です。

ここで私のルールを一つご紹介しますが私は自分のルールに

必ず利益3:損失1以上の成果が見込めるポイントでしか取引しない

と決めています。なので仮に予想が外れてしまっても損失は1しかとらないということです。

リスクリワード比

このような取引をしていくと低い勝率でも利益がでるようになってきます。

例えばA銘柄を100株1000円で比率を3:1で意識して別の日に3回取引したとします。

1日目:株価1000円→900円=-100円 損失1で損切

2日目:株価1000円→900円=-100円 損失1で損切

3日目:株価1000円→1300円=+300円 利益3で利益確定

結果:100株×(300円-100円-100円)=1000円の利益

1勝2敗と負け越していますが、しっかり比率を意識しているのでトータルでプラスになっています。

過去の自分のデイトレードを見返してみると大体勝率は55%程ですが、損益はしっかりプラスになっています。

これは利益3:損失1以上で取引することを徹底しているからです。

この話をすると「でもそれだと直ぐに損切ばかりになってしまうんじゃないの?」と聞かれます。

確かに最初はそうなる可能性は十分にあります。しかしそれでいいと思います。

人は多くの失敗を経験し学ぶことで成長していきます。最初から勝ち続けられるほど相場は甘くありません。

しかし利益と損失の比率をしっかり意識してと取引し、勝てる可能性が高いポイントを見つけることができるようになったらあなたのトレード実績は飛躍的に向上します。

私たちが投資の世界で追い求めるものは「高い勝率」ではありません。いくら勝率が高くても小利損大ではトータルで負けます。

本当に必要なのは「利益率のよい取引」です。勝率がそんなに良くなくてもトータルで勝つことが最大の目標なのです。

私の師である大手証券会社のトレーダーはこう言っていました。

「私たちディーラーのトレード勝率は50%もないんだ。中には30%くらいの人もいるよ。でも勝つときにしっかり儲けるからトータルではプラスに持っていけるんだ」

逆に勝率にこだわりすぎる人は辞めていく人が多いと言っていました。

プロでも高勝率で勝ち越すことが難しいのに私たち個人投資家たちがそれを実現できるわけありません。

「利益と損失の比率が3:1の場所で取引する」

これが長く儲かる投資家になるための最善のテクニックだと私は今でも思っています。

大口投資家に逆らうな

コバンザメ投資家

投資の世界には大口投資家という株価の動きに大きな影響を与えるほどの投資家が存在します。

投資で生き残るためには彼らに絶対歯向かってはいけません。

 

ヨシノ
投資をやっているとたまに一気に株価が動くことがあるけど、ほとんどが大口投資家の取引が関係しているよ
大口さんってそんなに大きいお金を持っている人たちなの?
メイ
ヨシノ
個人では考えられないような憶を超える金額で株を売り買いしています

 

板情報

よくこんな感じの板情報をみかけることがあります。

板情報とは?

ある銘柄の値段にどれだけの買いと売りの申し出があるかを表したもの

明らかに異常な数の売りが1001円に100,000株も置かれています。誰が見てもここ以上に株価をあげたくないんだなというのが見て取れます。

では直ぐに1000円で空売り(株価が下がると利益が出る取引)をすればいいのでしょうか?

答えはNOです。

理由は買い方に大口がいる可能性があるからです。もし買い方に大口がいるとすると1001円の100,000株くらい簡単にお買い上げしてしまいます。

板情報

こうなったら後は大口さんが売り抜けるまで株価は上がるしかありません。

大口の手法はいずれ細かくお伝えしますが、今回みなさんにお伝えしたいのはこういう取引を見たら絶対に大口と反対の取引をしないことです。

なんの根拠もなく大口に逆らうと立ち直れないほどの大ケガをすることになります。

私はこのような大口投資家のことをジンベイザメと呼んでいます。私たち小魚がジンベイザメに勝てる術はありません。

私たち少額投資家はジンベイザメと同じ方向に進むコバンザメにならないといけないのです。

私はデイトレードで板情報をみて取引をします。その時に一番注意しているのはジンベイザメの存在です。

私はジンベイザメの気配を察知し、いち早くコバンザメになってそれについていきます。

しかしこれはとても高度な手法なので、初心者の方はジンベイザメを見つけたら遠くからしっかり観察することからはじめましょう

「ジンベイザメきたー!」

と思いながら板情報を眺めていると大口の動きが次第にわかるようになってきますよ。

まとめ

この講義のポイント

☑感情で売買せず、失敗を糧に自分の感情に語り掛けれる投資家になろう

☑リスクリワード比を常に意識し、トータルで勝てる投資家になろう

☑大口投資家に逆らわずコバンザメ投資家になろう

ヨシノ
私と一緒に儲かる投資家になれるように日々学んでいきましょう♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-株式投資の基礎知識

Copyright© ヨシノ投資塾 , 2020 All Rights Reserved.