株式投資の基礎知識

株初心者は日本株と米国株どちらがおすすめ?

スポンサーリンク

同調

私も最近「ヨシノさんは米国株はやらないんですか?」と聞かれることがあります。

因みに答えはNOです。

最近日本株よりも人気がある米国株を日本株と比較しながら説明していきます。

 

ヨシノ
最初にお伝えしますが、私は米国株を否定する気は全くありません
でもやるかと聞かれればNO!なんだよね?
メイ
ヨシノ
はい、ただそれは私がまだ米国株を扱う域にいないと思ったことと、色々比較した結果自分は米国株より日本株が自分に合っていたからです

 

ネットで検索してみると分かりますが、米国株の方が日本株より優れていて推奨する記事が殆どを占めています。

しかし私は投資初心者に関しては最初から米国株を選択するべきではないと考えています。

今なぜ日本株より米国株なのか

笑顔

世間のみなさんの意見としてネット上に上がっている米国株を押す理由で多いものをご紹介させていただきます。

日本株と比べて配当金が高い

米国株は成長し続けている

 

ヨシノ
この2つがネット上で米国株を押す理由のほとんどだね
ヨシノさん、本当にそうなの?そうだとしたら確かに米国株が良さそう…
メイ
ヨシノ
もちろん本当だよ。日本株には無い素晴らしい特徴なんだ

 

配当金が高い

米国株は日本株に比べて配当金が高い

これは私も調べてみましたが事実です。

配当金とは株を保有している投資家に分配される利息のようなものです。

日本の高配当銘柄=4~5%

アメリカの高配当銘柄=12~6%

日本株と米国株を比較すると、配当金に関しては完全に米国株に軍配が上がります。

多いところでみると倍以上の配当金がついていることになります。

 

ヨシノ
私のように一日で短期売買している人間には縁のない話ですが、長期保有をメインとしている投資家には配当金の高さはかなりメリットのある話です
なるほど、確かにこれは米国株がいいって言われるのも頷けるね
メイ
ヨシノ
ただし配当金は毎年変わることが多いから、都度しっかり確認してくださいね

 

米国株は成長し続けている

S&PとTOPIX比較

上の図はS&P500(米国株)とTOPIX(日本株)の2010年頃からの価格の推移をグラフにしたものです。

S&P500・TOPIXとは?

S&P500とは米国株の中でも大型株500銘柄の株価の平均を表したもの

TOPIXとは東証一部に上場している全銘柄の株価の平均を表したもの

簡単に言ってしまえばS&P500がアメリカの代表的な株の平均で、TOPIXが日本の代表的な株の平均です。

見て頂けばわかる通り、米国株の代表S&Pは綺麗な右肩上がりのグラフになっています。

一方日本の代表TOPIXは上昇はしているもののジグザグのグラフになっています。

直近でみるとアメリカは令和元年7月16日にアメリカ市場始まって以来の株価史上最高値を更新しています。

日本はというと1989年のバブル絶頂期に史上最高値を更新して以来一度もそれを更新できていません。

 

ヨシノ
米国株は長期的に見てどんどん高値を更新していっているね
つい最近最高値を更新したって凄いね。勢いあるからまだまだいきそう
メイ
ヨシノ
そうだね、今までの結果を見るとそうなるような気がしてしまうよね

 

今までの結果を見ると長期目線で投資している人は米国株に投資していたほうがいい運用ができているといえます。

しかし私が一番危惧しているのは、ある相場の格言が頭をよぎるからです。

相場の格言とは?

株式市場で昔から起こりうる事象を例えたもの

靴磨きの少年が株のウンチクを語りだしたら天井

これはアメリカの元大統領であるケネディ大統領の父のジョセフ・ケネディ氏の格言である。

ジョセフ・ケネディは相場師(投資家)でした。

ある日アメリカがバブル真っ最中に街中で靴磨きをしてもらったそうです。

その時に靴磨きの少年が

 

株価はまだまだ上がりますよ、上昇し続けるから買わないと損」

 

と語ったそうです。

それを聞いたジョセフ・ケネディはすべての持ち株を売却したそうです。

そしてその後アメリカの株価は大暴落しました。なんと高値から90%近く下がったのです。

この格言が言いたいことを簡単に説明すると

 

詳しくない人間までがいいと言い出したらそこはもう天井

 

ということです。

 

ヨシノ
相場の格言は侮れません。今までの先輩投資家の英知が詰まっています
私も調べてみたけど確かに米国株押しがすごく多かった
メイ
ヨシノ
私は投資の場合、世間が一方の意見に傾いているときは、リスク回避のためにそちら側にはつかないようにしています

 

昨今は米国株がいいとネットでも盛り上がり、初心者が日本株ではなく米国株に手を出しています。果たしてこれは偶然でしょうか?

初心者に米国株はおすすめしない

質問

初心者の人に何で米国株を始めたんですか?と質問すると

 

「みんながいいっていってるし良さそうだから」

 

という方がほとんどです。

では別の聞き方をしてみましょう。

 

「あなたは自分の大切なお金を知らない人に預けることができますか?」

 

答えはNOだと思います。しかし株についても詳しく知らないのにいきなり米国株を買うことはそれと同じぐらいのリスクを負っています。

細かく言えば米国株と日本株では多くの違いがあります。

購入するときの手数料の差、為替の影響を受けること、情報量の違いetc…

初心者がそれを全て熟知することはできるでしょうか?実践でしか学べないことも多く無理だと思います。

私は最初にも言いましたが、決して米国株が悪いと言っているのではありません。

日本株で経験を積んで、米国株の知識もあるのであれば是非チャレンジしてほしいと思っています。

国は違えど相場の本質はどこの国でも同じだと思います。なので必ず日本株で得たスキルは米国株でも通用します

私がみなさんにお伝えしたいのは

 

初心者が米国株に手を出すべきではない

 

ということです。

投資家で知らない人がいないくらい有名な伝説の投資家ウォーレン・バフェットはこのような名言を残しています。

私は自分の分からないものには投資をしない

投資で巨額の富を築いた人間でさえこのように名言を残しています。

私のような弱小投資家はバフェットの足元にも及ばない存在です。なので私は相手のことを詳しく知らないのに投資はしません

それが私が米国株に手を出さない最大の理由です。

初心者のみなさん、日本株で経験を積んでからでも決して遅くないと思いますよ。

まとめ

この講義のまとめ

ネットの情報だけで安易に米国株に手を出してはいけない

自分の分からないものに投資をするのは控えよう

日本株で十分利益をあげれるようになったら米国株にも挑戦してみよう

ヨシノ
私は今でも日本株だけで月に40万ほど稼ぐことができています。それは日本株のことをよく知っているからです。みなさんも正しい順番でゆっくり進んでいきましょう♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-株式投資の基礎知識

Copyright© ヨシノ投資塾 , 2020 All Rights Reserved.