証券口座開設手順

SBI証券の口座開設の流れをわかりやすく徹底解説!

スポンサーリンク

SBI証券口座開設

この記事ではSBI証券の口座開設について、初心者でもかんたんに解説ができるように画像付きで徹底解説していきます。

「株式投資は始めたいけど証券口座ってどうやって開設したらいいの?」と考えている初心者の方、一緒に口座開設の手続きをしていきましょう♪

 

ヨシノ
SBI証券はネット証券の中で一番口座開設数が多い証券会社なんだ
沢山あるネット証券会社の中で一番ってすごい人気なんだね
メイ
ヨシノ
みんなに選ばれているということはサービスが充実している証券会社ということが言えますね

 

この後説明しますが、SBI証券は最初にマイナンバー書類の確認があるので手続きを始める前に「通知カード」か「個人番号カード」を用意しましょう。

マイナンバー書類について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも必見!
教えてほしい子供
証券口座開設の必要書類を詳しく徹底解説!

株式投資をするにはどこかの証券会社で、必ず証券口座の開設が必要となります。 そして口座開設をする際には、必ず必要になる書類がいくつかあります。 最近は犯罪防止の観点から口座開設手順も厳しくなっており、 ...

続きを見る

SBI証券口座開設手順



まずこちらから口座開設手続きのサイトに進んでください。
SBI証券の口座開設はこちらから♪

SBI証券HP

SBI証券のサイトに移動すると上のような表示がされるので、画面下の「口座開設にすすむ」をクリックしてください。

本人確認書類の提出

冒頭でお話しした通り、SBI証券は最初にマイナンバー書類の提出手続きの案内が表示されます。

マイナンバー書類

提出手続きの方法は「Webアップロード」「Eメール」「書面」の三択です。

おすすめはこの場で簡単に手続きができる「Webアップロード」ですが、もし今書類がお手元にない方は「Eメール」を選択しましょう。

この後登録するメールアドレス宛に、アップロード用のURLが記載されたメールが送られてくるのでそこから書類を送信しましょう。

書面は書類を郵送でやり取りするので、開設まで非常に時間が掛かるのでお勧めしません。出来れば他の二つの方法を選択しましょう。

マイナンバーの確認書類は「通知カード」か「個人番号カード」のどちらかを選択してください。

マイナンバー書類

アップロードする書類を選択するとアップロードボタンが表示されるのでクリックしてアップロードを行ってください。

本人情報の入力

次に本人情報の入力画面に移ります。

本人情報入力

ここでの入力は全角入力の部分と半角入力の部分があるので注意してください。

そしてここで最も注意してほしいのは電話番号とEメールアドレスの入力です。

注意するポイント

連絡先電話番号・メールアドレスは必ず繋がるものを入力する

今後SBI証券からあなた宛てに連絡をする際にここで入力した電話番号かメールアドレスが使用されます。もし仮に連絡がつかないと口座凍結などをされてしまうので注意が必要です!

口座種類の選択

口座種類の選択

ここでは今後取引に使用する口座の種類を選択します。

口座の種類についてはこちらの記事をご覧ください。

こちらも必見!
キリンの親子相談
株初心者必見!口座種類の違いをわかりやすく解説

あなたは自分の証券会社の口座の種類が何なのかしっかり把握していますか? 「種類は把握してるけど、詳しいことは良く分からない…」 こんな方が多いと思います。この講義では口座種類の違いをとても分かりやすく ...

続きを見る

特にこだわりなどが無ければ、投資初心者の方は特定口座(源泉徴収あり)がおすすめです!

こちらを選択しておけば煩わしい確定申告などをSBI証券が自動的にやってくれるので、自分で手続きする必要がなくなります。

次にその下は居住の住所が本年の1月1日と相違している場合に選択する部分になりますので、該当する方は入力をしてください。

最後にNISA口座についての選択ですが、NISA口座についてもこちらの記事で開設されていますが、一般NISA口座とつみたてNISA口座の違いを説明したいと思います。

こちらも必見!
キリンの親子相談
株初心者必見!口座種類の違いをわかりやすく解説

あなたは自分の証券会社の口座の種類が何なのかしっかり把握していますか? 「種類は把握してるけど、詳しいことは良く分からない…」 こんな方が多いと思います。この講義では口座種類の違いをとても分かりやすく ...

続きを見る

NISA口座は1年間で一定額までの投資資金で得た利益を非課税にする制度です。国が貯蓄から投資へ後押しをするためにこの非課税制度を導入しました。

最初は一般のNISA口座だけでしたが、今はつみたてNISA口座も新しく導入されました。両者の具体的な違いは以下の通りです。

一般NISA口座 つみたてNISA口座
対象者 20歳以上の日本在住者
非課税枠 年間120万 年間40万
非課税期間 最長5年 最長20年

一般NISAと比較してつみたてNISAの方が金額は少ないですが、長い期間非課税の優遇を受けることができます。しかし一般のNISAも5年で終了するわけではなく、ロールオーバーといってあなたが望めば再度5年間非課税口座で預かることも可能なので、自分の投資スタイルに合ったものを選択するのがベストだと思います。

因みにNISA口座は1つの金融機関でしか開設できないので、じっくり考えたい方は口座開設は後からでも可能なためここで無理に選択する必要はありません。もし開設したくないのであれば一番下の「申し込まない」を選択しましょう。

住信SBIネット銀行口座開設

銀行口座開設

ここでは住信SBIネット銀行口座の開設を行うかを選択していきます。

普通株取引をするには銀行口座から投資資金を証券会社に振り込まないといけません。しかし住信SBIネット銀行を開設しておけば銀行口座の残高がそのまま自動で株取引の資金として振り込まれるため、煩わしい振込手続きが不要で手数料も無料です。

ヨシノ
SBI証券をメイン取引口座にする場合は是非合わせて口座開設しましょう♪

Tポイントサービス

次にTポイントサービスのご案内です。

Tポイントサービス

SBI証券では、国内株式を取引するとTポイントを貯められるようになっています。また日常のお買い物や、取引で貯めたTポイントを利用して最低100円からポイント投資を行うことができます。

投資をしながらポイントも貯められる素敵なサービスなので是非利用しましょう♪

ポイント投資

全て入力が完了したら一番下の「次へ」をクリックします。

重要書類への同意

次に重要書類への同意のページです。

重要書類の同意

重要書類に目を通し理解をしたらページ一番上にあるチェック欄にチェックを入れてください。

その後ページの一番下にあるボタンをクリックしてください。

すると入力内容の確認画面に移動するので、ここまでの入力情報に間違いがないかを確認し間違いがなければ下の申込みボタンをクリックしてください。

ボタン

以上で口座開設の手続きは完了です。最初にマイナンバー書類の提出方法をEメールに選択された方はこの後指定したメールアドレス宛にSBI証券よりアップロード用のURLが記載されたメールが送られてくるので、忘れずに手続きを行いましょう。

今後一週間程度でSBI証券から口座開設完了通知書が郵送されてくるのでそれまでお待ちください。

口座開設完了通知書

口座開設から一週間前後で下のような書類がSBI証券より郵送で送られてきます。

口座開設完了通知書

こちらに記載されている「ユーザーID」と「ログインパスワード」を使ってSBI証券のホームページにログインしましょう。

なお記載されている「ユーザーネーム」および「ログインパスワード」「取引パスワード」はホームページより変更が可能なので必ず変更をしましょう。

以上でSBI証券で取引する準備が完了しました。お疲れ様です♪

まとめ

これでSBI証券の口座開設手続きの説明は終わりです。初心者の方でも簡単に口座開設ができたと思います。

SBI証券はネット口座開設数No,1で更に国内株式売買代金もNo,1の誰もがおすすめする証券口座です。

Tポイント投資など様々なサービスを提供しているのも魅力なので、株初心者の皆さんは証券口座選びで迷ったら是非SBI証券口座を開設してみましょう!

ヨシノ
専業投資家のヨシノもおすすめのSBI証券口座を一緒に開設しましょう♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-証券口座開設手順

Copyright© ヨシノ投資塾 , 2020 All Rights Reserved.