おすすめの証券会社

証券会社は「店舗型」と「ネット型」のどっちがおすすめ?メリットとデメリットを徹底比較!

スポンサーリンク

旧新の比較

証券口座を開設するには、主に二つの手順があります。

1つは直接店舗に行って口座開設をする「店舗型」。もう一つはネットで口座開設を申し込む「ネット型」です。

 

ヨシノ
因みに私自身はネット型の証券会社を愛用しています
店舗型って要するに昔のヨシノさんみたいな銀行や証券会社の人と直接やり取りするってことだよね?
メイ
ヨシノ
分かりやすく言えばそんな感じですね

 

この記事では元銀行員の現役専業投資家が、店舗型とネット型の証券会社の違いをわかりやすく解説していきます!

店舗型の証券会社とは?

会話

店舗型証券会社とは、実際の営業店舗を持ち対面販売も行っている証券会社のことです。

 

ヨシノ
実際に店舗に出向いて証券口座の開設や取引の申し込みなどを行うことができます
私みたいな初心者が行っても大丈夫なのかな・・・?
メイ
ヨシノ
もちろん大丈夫です。店頭で窓口の事務員さんが優しく教えてくれると思いますよ

 

では具体的にどんな店舗型の証券会社があるのか一例を見ていきましょう。

証券会社 特徴
野村證券 全国に150以上の本店支店などの実店舗を持っている最大手の店舗型証券会社
大和証券 全国に140以上も実店舗がある証券会社で、野村證券と並ぶ大手証券店舗型証券会社
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 三菱UFJフィナンシャルグループの証券会社で総合的な事業を展開している
みずほ証券 みずほ銀行のグループ会社で、銀行内に専用ブースを持っている

野村証券や大和証券は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。また自分の親や知人が口座を持っているという方もいらっしゃると思います。

 

ヨシノ
私も銀行員時代に大和証券の営業マンと出くわすことがよくありましたね
でも銀行はよく見かけるけどあまり証券会社の店舗って見たことない気がするけど…
メイ
ヨシノ
多分それは私たちが地方に住んでるからそう感じるんだと思うよ

 

店舗型証券会社はどこにでもあるというわけではなく、ある程度首都圏や地方の場合県庁所在地の住所に多く存在しています。

私も地方に住んでいますが、店舗型の証券会社は県庁所在地の住所付近に1店舗しかありません。銀行もそうですが不景気とともに地方から撤退している傾向が強いようです。

店舗型証券会社のメリット

固定店舗や担当者営業マンがいる

店舗型証券会社の最大のメリットは、自分の担当者にいつでも相談可能な点です。あなたが株初心者で右も左も分からない状態の時にアドバイスをくれる存在がいたら心強いですよね?また相談だけでなく注文なども一緒に行ってくれます。また色々な面で便宜を図ってくれることもあるので、自分の専属の担当者がいることは大きな心の支えになると思います。

店舗型のメリット

しかしこのメリットには注意が必要です。

 

ヨシノ
私の銀行員時代もそうですが、担当者全員が知識と経験が豊富なわけではありません
そうなの?でもみんな資格を持っていて詳しい人ばかりなんじゃないの?
メイ
ヨシノ
販売する資格を持っていても知識があって、良心的な人かどうかは別問題なんです!

 

中には自分のノルマの為に色々と進めてくる人もいるので気をつけてください。もし少しでもおかしいと思ったら担当者を変えてもらいましょう!

店舗型証券会社のデメリット

店舗型証券会社のデメリットは何といっても手数料の高さだと思います。ネット型証券会社とは比較にならないほど高いです。

証券会社 約定金額
10万 20万 30万 51万 101万
野村證券(店舗) 2,808円 4,212円 7,128円 12,053円
大和証券(店舗) 2,700円 6,210円 12,420円
楽天証券 97円 113円 270円 525円 628円
SBI証券 97円 113円 270円 525円 628円

※2019年9月現在の情報

どの約定したときの価格帯をみても店舗型の方が手数料が安くなることはありません。店舗型はネット型と比較して概ね20倍~30倍くらいの手数料が掛かってしまいます。

手数料が高いのでまず元の元金に戻すのに苦労しますし、手数料が高いので手数料を気にして取引をしてしまいます。

長期保有を目的としているのであれば気にならないかもしれませんが、同じ株を買うなら少しでも手数料が安いほうがいいに決まっています。

最近では店舗型証券会社もオンライン取引に力を入れていますが、それでもネット型証券会社の手数料の方が安いのが現状です。

ヨシノ
株取引はいかにコストを抑えるかも非常に重要なポイントなので、このデメリットはかなり大きな痛手になると思います

ネット型証券会社とは?

ネット証券会社

ネット型証券会社とは、インターネット上のサイトやアプリを利用して投資家自身が取引を行う証券会社のことです。有名な証券会社でいうと楽天証券やSBI証券などがあります。

 

ヨシノ
私は現在ネット型の証券会社しか口座を持っていません
そうなんだ~!因みにネット型の証券会社はもちろん店舗はないんだよね?
メイ
ヨシノ
店舗がない分手数料を割安にしていたり、様々なサービスを行っています

 

現在はネット環境が普及して、ネット型の証券会社が主流となってきました。特に若年層の殆どはネットの証券会社を利用しています。

ネット証券会社説明

具体的にネット型証券会社の一例を見てみましょう。

証券会社 特徴
楽天証券 楽天グループの証券会社でSBI証券と並んで人気の証券会社
SBI証券 ネット証券口座開設数No,1の楽天証券と並んで人気の証券会社
松井証券 創業100年を超える伝統的な証券会社で独自のサービスが多数存在

他にもマネックス証券ライブスター証券GMOクリック証券などネット型証券会社は多数存在しますが、特に上記3つの証券口座をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今は一人一台スマートホンを持ち歩く時代であり、スマートフォンからも簡単に取引可能なネット証券会社に注目が集まっています。

ネット型証券会社のメリット

店舗型のデメリットでも紹介しましたが、何といっても取引手数料の安さが大きなメリットになります。

証券会社 約定金額別手数料
10万 20万 50万 100万 150万
楽天証券 90円 105円 250円 487円 582円
SBI証券
90円 105円 250円 487円 582円
松井証券 0円 300円 500円 1,000円 2,000円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円 400円
マネックス証券 100円 180円 450円 条件により異なる
GMOクリック証券 89円 130円 170円 240円 240円

※GMOクリック証券は信用取引手数料税抜表記になっています

※2019年12月現在の情報

証券会社によって一長一短ありますが、店舗型に比べるとどのネット型証券会社も格安の手数料となっています。

 

ヨシノ
毎日何回も取引を行うトレーダーの方には本当に嬉しい格安手数料ですね
確かに自分で取引できる人からすればこの手数料の安さはとっても魅力だね♪
メイ
ヨシノ
最近はネット証券会社の取引ツールやアプリも充実しているのでちょっと知識があれば簡単に取引ができるようになりました

 

別の記事で各ネット型証券会社の取引ツールやアプリについては詳しく解説しますが、本当に機能が充実していて初心者にも扱いやすくなっています。

ネット型証券会社のデメリット

ネット証券会社のデメリットはやはり「専属の担当者がいない」ことではないでしょうか。

特に初心者の方は何か困ったときに助けてくれる存在ることはかなり大きなアドバンテージとなります。

投資は自己責任が原則なので売買の判断は全て自分でしなければいけませんが、そこに至るまでの間に相談できる相手がいることは精神的な面で大きな支えとなります。

しかしネット型証券会社だと専属の担当者がいないのでなかなか疑問を解決できなかったり、相談する相手がいないということが起こります。

 

私は心者だけどヨシノさんがいてくれるから本当に心強いよ
メイ
ヨシノ
メイのように誰か相談に乗ってくれたり教えてくれる人を見つけることは大切なことだね

 

店舗型の証券会社は担当者がつくことが多いので、なんでも相談しやすいですが基本的には自分で担当者を選ぶことはできません

先ほどの店舗型のメリットでも述べたように、証券会社の担当者の中には私利私欲を満たそうとする人間も少なからず存在します。

なのであなたは自分で信頼できる担当者を探してみましょう。親戚や知人で投資に詳しい方や証券会社に勤めている方などがおすすめです。

 

でももし都合よくいい人が見つからなかった人は投資をあきらめたほうがいいのかな?
メイ
ヨシノ
いいえ、その場合はこの私を頼ってください!投資に関することならなんでもお悩み、疑問をお聞きします

 

私がこのブログを書いているのも、元々投資初心者の方が迷ったときに少しでも力になれればと思って始めたので皆さんからのご質問やお問い合わせは本当に嬉しいです♪

ヨシノ
みなさんがどんなことで悩んでいるかを知ることで、今後の記事の参考にもなるので是非お気軽に相談をしてくださいね

まとめ

メリット デメリット
店舗型証券会社 担当営業マンなど相談できる相手がいる 手数料が割高
ネット型証券会社 手数料が割安 専属の担当営業マンはいない

2種類の証券会社を見てきましたが、やはり私のおすすめは「ネット型証券会社」です。よっぽど信頼できる担当者でもいない限り、株取引には手数料が安く、取引ツールが充実しているネット証券会社を利用しましょう。

私のおすすめは「ネット型証券会社」+「投資家ヨシノ」です(笑)

ヨシノ
株式投資に関してのお問い合わせ、ご質問はお気軽にご連絡ください!皆さんからのご連絡を楽しみにしています♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめの証券会社

Copyright© ヨシノ投資塾 , 2020 All Rights Reserved.